PropertyDrawer


インスペクタに独自のプロパティ属性を作れる機能を試してみた。
スクリプト単位で拡張するCustomEditorと、プロパティ単位で拡張するPropertyDrawerがあるらしい。

今回は下記のサイトのPropertyDrawerでやるやり方をやってみた。とくにアレンジはなくそのままです。。
Qiita | 自分だけのPropertyDrawerを作ろう!

もう少し詳しい内容はこちらのスライドにあります。


PropertyAttributeというプロパティを表すクラスを継承させて定義を拡張させる。
それをPropertyDrawerというクラスを拡張させたものでインスペクター上の表示を拡張させることができる。

定義

using UnityEngine;
#if UNITY_EDITOR // Editorフォルダに格納するか#if UNITY_EDITORで囲まないとビルド時エラーとなる
using UnityEditor;
#endif

/**
 * オリジナルインスペクタのプロパティ属性。
 */
public class CustomAttribute : PropertyAttribute {
	/**
	 * 数値。
	 */
	public int value;

	/**
	 * 最小/最大の値。
	 */
	public int min;
	public int max;

	/**
	 * コンストラクタ。
	 */
	public CustomAttribute(int min, int max) {
		this.min = min;
		this.max = max;		
	}
}

#if UNITY_EDITOR
/**
 * オリジナルインスペクタの描画。
 */
[CustomPropertyDrawer(typeof(CustomAttribute))]
public class CustomDrawer : PropertyDrawer {
	/**
	 * OnGUI.
	 */
	public override void OnGUI(Rect position, SerializedProperty property, GUIContent label) {
		CustomAttribute customAttr = (CustomAttribute)attribute;

		Debug.Log(property.name + " : " + property.intValue);

		EditorGUI.IntSlider(position, property, customAttr.min, customAttr.max);
	}
}
#endif

実装

using UnityEngine;

/**
 * オリジナルのインスペクターのテスト。
 */
public class OriginalInspectorTest : MonoBehaviour {
	/**
	 * オリジナルの属性のプロパティ。
	 */
	[CustomAttribute(0, 10)]
	public int val = 5;

	[CustomAttribute(10, 20)]
	public int val2 = 15;
}

>>プロジェクトファイルダウンロード

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です